読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

消費者市民社会ってなあに?ーリタのロンドンblogー

「消費者市民社会」って、何だろう。EU離脱に揺れる英国ロンドンから、日常をお伝えします。毎週月曜日+不定期更新です」

市民向け講座ICTクラスに行ってみたよ

こんにちは。リタです。
ロンドンからお届けします。

【記事まとめ】
1、英語は今の自分+α。手持ちネタを再確認。
2、居場所探し。

思いがけないロンドン生活が始まった時決めてたんです。「これをきっかけに英語学び直すぞ!海外生活させてもらうチャンス、使い尽くすぞっ」って。←これ、一年前の私。
我ながら嫌味くさい。


あれから1年。仙人みたいに勉強漬けになり大学調べて面談受けて。International feeの馬鹿高い学費を捻出するべく、自分のへそくりどうやってこっちに送金するかなあ、とか考え始めてた矢先のEU離脱。。

そうなの?そっち選んじゃったの?多様性と共存していく成熟社会のはずが内心はノーだったの?
価値観は揺らぎ、そもそもの会社と夫に依存している我が身の宙ぶらりんな立場を改めて思い知り、やる気空回り(ノД`)頭まっしろー。

そんな時「ここでボランティアしてみない?英語の勉強にもなるよ」と声をかけてもらい、市民向け講座のICTクラスにアシスタントとして通うようになりました。
様々なバッググラウンドをもつ受講者とのやり取り&操作説明、先生のフォローなど、基本PC知識総動員。時に「日本語でフォローしてほしい」と言われ、そんな使い方もあったか、と目から鱗。
受講者に逆に負担にならないか(英語修行として、かたくなな人もいるので)、力加減が試行錯誤。

英語を学び直す、は、今までにあるもの+αなんだな、とやっと分かってきた毎日。
ここが求めていた場所か分からない、けど誰かに必要とされる場所って、いいなあ。