読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

消費者市民社会ってなあに?ーリタのロンドンblogー

「消費者市民社会」って、何だろう。EU離脱に揺れる英国ロンドンから、日常をお伝えします。毎週月曜日+不定期更新です」

ロンドンでボランティア。DBSチェックを受けてきたよ。

こんにちは、リタです。

ロンドンからお届けします。

【記事まとめ】

1、子どもやお年寄りと関わる仕事に就く前に!イギリスのDBSチェックとは?手続きの流れは?

2、学校との関わりについて、自分や地域にできること。ボランティアが盛んなの?

 

 

 以前、映画の「みんなの学校」で、「日本の先生、頑張りすぎ。で、もっと自分に地域に出来ること考えた」と感想を書いたのですが、

diversity-diva.hatenablog.com

 

「偉そうな感想を述べたけど、日本に帰ってからじゃ遅すぎるー、」と思い子どもの通う現地校のボランティア募集に手を挙げてみました。その際に求められた、DBSチェックがなるほどなあ、と感心したのでシェアします。

 

>DBSチェックってなに?

別名、ポリスチェック。申請者の犯罪経歴証明書、または無犯罪証明書とも呼ばれています。直近3か月現在の住所と身分証明に加えて、過去5年間の所在地情報、改姓・改名の履歴、申請先によっては、イギリスに入国した日時なども問われます。

 

>どんなときにDBSチェックが必要なの?

①子ども(学校関連施設)やヘルスケア(病院関係)に定期的に関わる仕事(有給/無給を問わず)へ応募してきた者

②子どもを養子もしくは里親有給になることを希望してきた者

 

>どんな書類が必要なの?

2016年11月時点での必要書類はこちらから

www.gov.uk

リタ訳すると、

①パスポートや運転免許証(英国切り替え済み)、就労証明もしくは滞在許可

(有効期限内)、結婚証明(英国人との婚姻証明)などを複数

  +

②直近3か月現在の本人住所が分かるもの(公共料金や家のローン証明(!?)、銀行の残高証明(!?)、尚、携帯電話の請求書は不可なので注意。こちらも複数が望ましい。

 

上記①②に加えて、受け入れ先に提出する書類には、申請者を証明できる2名の氏名・住所を記入求められます。通常は元職場の同僚、学生の場合は指導教官など。 

そもそも公共料金の請求は3か月ごとにまとめて送付されるので、直近書類を手に入れるまで長かった。。やっと揃った上記の書類原本を持参して目の前でコピーをとってもらい、その場で原本返却。10日後、無事に手元に証明書が届きましたー。公的証明、再発行不可なので、保管場所に注意だわ。

 

2、学校との関わりについて、自分や地域にできること。ボランティアを受け入れるために。

 

イギリスの学校やコミュニティセンター、NPO団体がなぜボランティアを多く受け入れるのか、そしてなぜ多くの市民がボランティア活動をするのか。それは仕事や社会復職にボランティアが直結する体制、そして、このようなDBSチェックをクリアしている安心感とお互いの信頼がポイントのようです。

 

上記に述べましたが、DBSチェックのための必要書類を揃えるのに手間取ったこともあり「ボランティア登録するだけなのに何でこんなに厳しいの?」と思ってました。でも、『子どもは周りの大人を信頼できる権利があるの。だから「子ども」や「病院関連施設」に関する仕事は特にチェックが求められるのよ、最低限ではなく、揃えられるだけ多くの書類を持参してきてね』とアドバイス受けてなんとも納得。相手に対する厳しさ&情報開示を求めること、は信頼感の始まりでもあるのだなあ。

 

昨今のテロ報道もあり、ロンドンでは以前よりも多く警官が巡回する姿を見かけるようになりました。金曜、週末ともなると、あちらこちらに防弾チョッキの警官。空港や要人が住むエリアでは、機関銃までを警備しているので、内心ぎょっとします。でも、その前を(その前だからこそ?)私達は普段通りの生活を過ごしています。いつも通りに友人や家族と笑い合い、買い物を楽しみ、子どもを育て、生活をしています。

 

自分の常識では受け入れがたい事件やテロが起きていく時代だからこそ、弱いもの、保護されるべきものに関わる場合は抑止力が必要です。そして、抑止力の大きなひとつとして、隠さずオープンにされていることが、お互いへの信頼感を生みます。互いに気軽に声や挨拶をかけあえる風土は、周囲に安心感をもたらします。護られていると感じている子どもは、大人からの声掛けに素直に反応してくれます。

 

日本人はとりあえず多めに隠しがち&規制しがちだけど(だって何かあってからじゃ遅いんだ、知らない人とは口を聞いてはダメよ、とかね)、それで思考停止に陥ってないかしらん。

エロ本は堂々とコンビニに並んでいるのに、学校帰りの子どもに「おかえりー。気をつけて帰ってね」って声掛けるのも不審者扱いされるから見ぬふり、って、子どもはどうやって信頼感を築くのかしらん。

 

どこまでが個人情報で、どこからが共有するべきか、という疑問が元々あった私、「相手と自分の常識が違うからこそ、信頼できるのか積極的に情報を伝える。考えるきっかけにする。子どもは周りの大人を信頼して育つ権利がある」という視点は、やけにすっきり自分の腑におちたのでした。