読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

消費者市民社会ってなあに?ーリタのロンドンblogー

「消費者市民社会」って、何だろう。EU離脱に揺れる英国ロンドンから、日常をお伝えします。毎週月曜日+不定期更新です」

ロンドン地下鉄は時刻表が無い?それでもミュージカルを見てきたよ

 

こんにちは、リタです。

ロンドンからお届けします。

【記事まとめ】

1、ロンドンの地下鉄(Tube)でとにかくよく聞く「Mind the Gap」

2、ウエストエンドでミュージカル。子どもと一緒に見る場合のポイント

 

ただいまクリスマス一色な街です。ここ10日ほど雨がほとんど降らず、キーンと冷え込むなか、皆お出かけを楽しんでいます。少しでも日差しがあると、勇んで外に出るのよね。で、我が家もお出かけしてきました。まずは初ミュージカル鑑賞へ、、って

 

セントラルラインのホーム、大混雑。

 

なんのアナウンスも無いが、ピカデリーラインが現在大幅遅れの影響を受けている模様。(・・;)

※ポイント:繰り返しますが、ロンドン地下鉄、ホームや改札で電車遅延アナウンス等ありません。(手書きで書かれている掲示板も、最新情報ではないことがほとんど。)ホームに行ってみて初めて分かること多いです。Wifiのつながりもけして良くないので、同行者がいる場合、待ち合わせの場合、右往左往にご注意ください。

 

一応ある電光掲示板を見ると、混乱した行先表示中。※ちなみに、通常は次発~7番目まで表示されています。

「隣駅まで行き:1分後」

「乗換駅まで行き:6分後」

「別方向行き:10分後」

「別方向行き:12分後」

「(私の)目的駅行き:17分後」

 

なんで別方向ばかりなの?という突っ込みもさておき、ここでロンドン地下鉄の基本注意事項。この表示、信じて待っていちゃダメです。次の電車が予定通り来るなんて、あるかどうか分からないです。

 

で、皆さん慣れた様子で、①諦めて待つor ②いったん地上に出るor ③少しでも先に進むを模索しあいます。日本のように整然と行列に並ぶ姿はありませんが、「そもそも、時刻表やアナウンス通りに進行すると限らない。しょうがないなあ、と諦める。切り替える」態勢。

 

そもそも時刻表は「目安」、最新情報アナウンスは「あくまでもサービス、あったラッキー」なロンドン地下鉄。ただし、唯一常にアナウンスとして流れるのが「Mind the GAP」なのです。

 

日本語なら、「段差にご注意ください」なこのフレーズ、とにかくロンドンでよく聞くのです。地下鉄に限らず、なんなら人間関係でも。

 

子どもと大人は「Mind the Gap」

自分と相手に「Mind the Gap」

確かにロンドン地下鉄とホームの差は開いているし、

バリアフリーて何のこと?と聞きたくなるくらい階段だし、

GAPは埋められようとされてない。バリアフリーとか真逆。

でも呪文のように聞かされる「Mind the Gap」で、誰かしら手伝ってくれる。お互い違うのが当たり前で、違うことを気に掛けるだけでも、違っていて大丈夫なんだなあ、

と思える。「MInd the GAP」のGAPって、「自分の期待と(こちらは)違うことを気にかけて」念じられているような気がしてきました。。日本のサービスを期待するな、とも言えますが。^^

 

 2、ウエストエンドでミュージカル。子どもと一緒に見る場合のポイント

 そんなこんなで、乗換苦戦しつつ、無事にミュージカル見てこれました。選んだのはこちら

 

www.charlieandthechocolatefactory.com

劇場はTheatre Royal Drury Lane、コベントガーデンが最寄駅ですが、ホルボーンからも5分程度。この一帯はプレシアターミールを出す飲食店が多数並んでます。ホールの開場は45分前から。開演30分前が入場に込み合います(逆にそこをずらすと空いてます)

ポイント①:女子トイレは進行方向、向かって右側!

ポイント②前半&後半の間に20分ほどの休憩あり。アイスや飲み物販売は、劇場地下が早いよ。

ポイント③:小さい子ども用に席を高くするシート貸し出しあり。舞台向かって左側(男子トイレ近く)。ただし、数に限りあるので、入場したら早めにゲットしてね。「Can I have an adjustment seat for kids?」で通じます。

 

席のおすすめはRoyal Circle(2階席)と聞きますが、私達はStalls(1階席、真ん中右寄り)にしました。女子トイレ&退出口が近かったので、動きやすくて結果ベストでした。いつかは見たいBox(桟敷席)、もしもとれるなら右側を強くお勧めします(ネタバレになるので理由は内緒)

 

終了は2時間半後です。初のミュージカル鑑賞、我が家の子どもは衝撃だったようで、あっという間に過ぎてしまいました。